2017年01月27日

平成28年度研修会「犬山城下町で観るにぎわい創出と祭りの関係」

昨年 犬山市の大きな活力源となっている犬山祭りがユネスコ無形文化遺産に登録されました。 
犬山祭りでの車山行事は山車祭りです。
「山車日本一あいち」宣言をした愛知県を含む中部地方には多くの山車祭りがあり各地で保存と伝承が行われてます。その中部の山車祭りに詳しい写真家の都築氏から「中部の山車祭り」の講演をしていただき、山車祭りの知識を得てから市内外から多くの人が訪れるようになった犬山城下町の施設見学と散策しながら、にぎわい創出と新しい息吹の吹き込まれた古民家、空家の活用法など「ひと、祭り、まちづくり」を学びます。

講師 デン 真 氏(facebookページ
 有限会社エヌ・ケー・ケー代表取締役
 公益社団法人日本広告写真家協会正会員
 至学館大学伊達コミュニケーション研究所客員研究員
 九代玉屋庄兵衛後援会会員

日時 平成29年2月25日(土) 受付開始13:00 講習 13:30〜17:00
場所 余坂木戸口まちづくり拠点施設 余遊亭 (よゆうてい)1F 和室1.2
会費 500円(愛知建築士会会員、一般)
CPD 3単位予定

タイム スケジュール
 13:30〜14:30 講話「中部の山車まつり」  都築 真 氏
 14:30〜17:00 犬山城下町散策 城とまちミュージアム等
  * 内容により若干の時間変更もあります。
  * 公共交通機関で会場にお越しください。

参加申込みフォームはこちら<申込締切 2月18日(土)>

案内文書(PDFファイル)

 ↑電話・FAXでの申込み↑



posted by Yoshida at 17:01| Comment(0) | 事業予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。